仙寿の水の特徴

ここでは仙寿の水の商品の詳細、3つの特徴、商品を実際に飲んでいる方の口コミを紹介します

仙寿の水の商品情報

仙寿の水 商品名 仙寿の水
容量 250ml
価格
(送料:無料)
通常購入
10本セット
¥2.700(@270)
(+送料¥525)
100ml当たり
¥108
30本セット
¥8.100(@270)
(+送料¥525)
100ml当たり
¥108
お試し購入
(初回限定)
10本セット
¥1,944(@194)
100ml当たり
¥78
定期購入 30本セット
¥7,290(@243)
100ml当たり
¥97
水素含有量
充填時 1.2〜1.6ppm
形状 4層構造のアルミパウチ
使用方法 ・1日1〜2本(250〜500ml)が目安ですが、開封後はなるべく1回で飲みきりましょう。
・起床時や仕事の終わりといった身体の水分が不足しがちな時にオススメです。
・開封後に飲み残した際は、パウチ内の空気を押し出しこぼれるギリギリのところで蓋をして水素を逃さないようにします。
・コップに移して飲む場合には、30分以内に飲みきるようにしてください。

※カッコ内は1本当たりの価格。

気になる水素水13製品の詳細を比較!

仙寿の水三大特徴

仙寿の水のおすすめポイントを3つご紹介します。

其の壱:マイクロ・ナノバブル製法で高濃度を実現

たとえ非効率ではあっても、天然水にじっくり水素を溶かしこむ製法で確かなものを作りたいというこだわりの元、手間のかかるマイクロ・ナノバブル製法で充填しています。水素のガスから細かい泡=ナノバブルを作り、水素を水に溶けやすくしています。さらに、その小さくなった水素を逃さぬよう気密性を重視した4層構造のアミノパウチを採用して高濃度のままお届けすることが可能となりました。

其の弐:霧島山水系の天然水を使用

九州南部の霧島連山の天然水を使用しています。霧島山水は水素とも相性がよいといわれる軟水で硬度も54ng/lと軟らかいのが特徴です。老廃物の排出や身体のめぐりに働きかける成分も多く含んでいる日本では珍しい天然水です。

其の参:美味しさは格別!飲みきりサイズなのも嬉しい!

その美味しさは世界のシェフやソムリエの集まるiTQiで2014年度優秀味覚賞を受賞したほどです。仙寿の水の人気にこの美味しさも大きく貢献しているといえます。また、250mlと女性でも飲みきれるサイズで飲み残しの心配がないのも嬉しいところです。90日間の賞味期限が記載されているので水素がしっかり充填されている状態で飲めるようにも工夫されています。

気になる水素水13製品の詳細を比較!

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る