ナノ水素水キヨラビの詳細

ナノ水素水キヨラビは、2010年頃からたびたびメディアに取り上げられている人気の水素水です。現在までの総売上数は、なんと500万本以上。ただ話題性が高いだけではなく、しっかりと効果を実感しているユーザーが多いからこその実績だといえるでしょう。

そんな人気の秘訣は、平均1.23ppm超という驚異の水素含有量です。業界随一の高濃度ですから、水素水の効果を思う存分に体感したい人にピッタリです。

また、水そのものにも強いこだわりを見せているのが、ナノ水素水キヨラビならではの特徴です。原水には名水百選にも選ばれている熊本県菊池市の天然水を使用しているため、単純な「水としてのおいしさ」でも一目置かれる存在となっています。ミネラルが豊富なのに口当たりがまろやかなのも、水へのこだわりのなせる業でしょう。

直接口にするものですから、安全性への配慮も万全です。製造から出荷までをすべて自社工場で一元管理しており、さらに定期的に第三者機関による検査も受けていますので、安心して飲むことのできる水素水だといえます。

ナノ水素水とは

水素水の人気が高まってからは、「ナノ水素水」という言葉もよく目にするようになりました。しかし、この言葉の意味をきちんと理解している人はあまり多くないのではないでしょうか?

実は、同じくナノ水素水と名乗っていても、技術的にはまったく違う2種類のナノ水素水が存在します。この2つを混同しないよう気をつけましょう。

水素をナノ化したナノ水素水

1つは、水素をナノバブル化してから水に溶かしたナノ水素水です。水素にはもともと、水の中に長く定着しづらく空気中に抜けやすいという性質があります。そこで、水素の気泡をナノレベルまで小さくすることで、水中に長く留まるようにしたのがこちらです。

「いかに長く水素を留まらせることができるか」を重視したのが、こちらのタイプだといえるでしょう。

水をナノ化したナノ水素水

もう1つは、反対に水の方をナノ化させた水素水です。水のクラスターを小さくすることで、水素がより溶け込みやすくなります。そのため、こちらのナノ水素水の方がより高い水素濃度を実現することができます。

いかにたくさんの水素を溶け込ませられるか」を重視したのが、こちらのタイプです。ナノ水素水キヨラビは、こちらの技術を利用したナノ水素水です。

キヨラビの商品情報

ナノ水素水キヨラビ 商品名 ナノ水素水キヨラビ
容量 500ml
価格
(送料:無料)
通常購入 20本セット
¥10,800(@540)
100ml当たり
¥108
30本セット
¥12,960(@432)
100ml当たり
¥86.4
お試し購入
(初回限定)
6本セット
(5セットまで可)
¥1,620(@270)
100ml当たり
¥54
定期購入
(毎月or20日間隔)
20本セット
¥8,640(@432)
100ml当たり
¥86.4
30本セット
(+キヨラビ6本+さくらキヨラビ2回分プレゼント)
¥10,800(@360)
100ml当たり
¥72
水素含有量 開封時 平均1.23ppm
充填時 1.59ppm
形状 アルミパウチ4層構造
酸化還元電位 -500mV~-600mV
使用方法 ・1日1~2本(500~1,000ml)程度を、朝・昼・晩など2~3回に分けて飲むといいでしょう。体調に合わせて飲む時間や量を変えても問題ありません。
・飲み残した場合には容器内の空気を抜きキャップをしっかり閉めれば、8時間程度ですが水素量1.0ppmは維持出来ます。
・温めて飲む場合はアルミパウチのまま湯煎したり、コタツや温風ヒーターの近くに置くなどで温めましょう。電子レンジは厳禁です。
・化粧水代わりやパックにも使用できます。
・水割りやアイスコーヒーなどにも使えます(熱を加えると水素がなくなるので要注意)。

※カッコ内は1本当たりの価格。

ナノ水素水キヨラビの産地

ナノ 水素水キヨラビが人気をあつめた原因のひとつには、「味へのこだわり」があるでしょう。それまで、健康に良い食品や飲料というと、どうしても苦かったり渋かったりするというイメージがありました。しかし、水は毎日口にするものですから、おいしくなくては敬遠されてしまいます。

そこでナノ 水素水キヨラビでは、原水として熊本県菊池市の天然水を採用しました。

熊本県は、知る人ぞ知る水の名産地です。良質な地下水が潤沢にあるため、なんと水道水源のうち約80%を地下水で賄っているほどです。地元では「蛇口をひねればミネラルウォーター」という言葉まであるそうですが、事実、熊本県内の地下水には豊富なミネラルが含まれていて、とてもおいしく飲むことができます。

これは、数十万年前に起こった阿蘇山の大噴火によるものだと考えられています。大噴火のたびに、熊本県内には何層もの地層が形成されていきました。このことで何層ものフィルターがかかり、おいしい水が蓄積されるようになったのです。

熊本の水のおいしさは国も認めるところで、「昭和の名水百選」にも「平成の名水百選」にも、熊本県内の水源が4つずつ選ばれています。ナノ 水素水キヨラビが原水として使用している菊地水源も、そんな名水のうちのひとつです。おいしいのも当然だといえるでしょう。

特徴まとめ

水素水がこれだけブームになると、どれを選べばよいのか迷ってしまうという人も多いかもしれません。中には、ブームに便乗して劣悪な水素水も出回っているようですから、なおのこと水素水選びには慎重になる必要があります。そんなとき、信頼できるのはやはり歴史のある商品ではないでしょうか。

水素水というと、ここ数年になって急激に話題になりはじめたようなイメージもあるかもしれませんが、ナノ水素水キヨラビは歴史が違います。製造が開始されたのは、なんと2009年のこと。まだ世間の人がほとんど水素水について知らなかった頃の話です。そして2010年には、すでに数多くのメディアで取り上げられるようになっていました。そこから口コミを中心に500万本を売り上げてきたわけですから、評価の高さもうなずけます。

いわばナノ 水素水キヨラビは、水素水ブームを牽引した正真正銘の水素水なのです。先駆者であるナノ水素水キヨラビが品質にも味にも妥協しなかったからこそ、現在の水素水ブームがあるのだとも言えるでしょう。

美容ミネラル”シリカ”水素水さらに話題の水素水の詳細はこちら

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る