クリスタル水素水の詳細

ここではクリスタル水素水の商品の詳細を紹介します。

クリスタル水素水の商品情報

クリスタル水素水 商品名 クリスタル水素水
容量 500ml
価格
(送料:¥525)
通常購入 30本セット
¥16,200(@540)
100ml当たり
¥108
お試し購入
(初回限定)
30本セット
¥9,980(@332.7)
100ml当たり
¥66.5
定期購入
(毎月1回)
30本セット
¥12,960(@432)
100ml当たり
¥86.4
水素含有量 開封時 平均0.8~1.2ppm
充填時 1.6ppm
形状 アルミパウチ4層構造
酸化還元電位 -600mV
使用方法 ・1日1本(500ml)を、2~3回に分けて飲むのが目安ですが、多く飲んでも問題ありません。
・飲み残した場合にはパウチ容器本体を押し、中の空気を押し出しキャップをしっかり閉めれば、8時間程度は水素量1.0ppm以上を維持出来ます。
・コップに注いで飲む場合は、注いでから2~3時間以内で飲み干すようにしましょう。
・コットンにしみ込ませて顔に貼り水素水パックもできます。
・ウィスキーや焼酎の水割りにも使用できます(二日酔い防止にもなる)。

※カッコ内は1本当たりの価格。

クリスタル水素水の産地

クリスタル水素水が原水として使用しているのは、熊本県白川水源の地下天然水です。

熊本県といえば、全国でも有数の水の里として有名でしょう。熊本県では、わざわざコンビニでミネラルウォーターを買う人はほとんどいません。買わなくても、水道水にミネラルが豊富に含まれているためです。なにせ県内の水道水の約80%が地下水を水源としているほどで、蛇口をひねるだけでおいしい水を飲むことができるのです。

熊本が水の名産地となったのは、過去に4度あった阿蘇山の大噴火によって何層にも地層が堆積したためです。この堆積層が濾過フィルターの役割と貯水槽の役割を両方果たしてくれているわけです。環境省が選定した「平成の名水百選」には熊本県内の水源が4つ選ばれていますが、これは47都道府県でも最多です。いかに熊本県の水がおいしいかを物語っているといえますね。

クリスタル水素水に使用されている白川水源も、そんな名水百選のうちのひとつです。口当たりがまろやかな軟水なので、地下水特有のクセもなく飲みやすい水となっています。

特徴

水素水というと、「興味はあるけど、飲みにくそうだ」というイメージを持っている人が多いかもしれません。

たしかに、世に出回っている水素水には、苦みやエグみが目立つ製品も多くあります。これは、水に水素を加える過程でマグネシウムを利用することが多いためです。水素水を作る方法は何種類かありますが、マグネシウムとの化学反応で水素を生成する方法が最も手軽で低コストです。そのため、リーズナブルな製品では、マグネシウムの苦みを感じることが多くなっているのです。

これに対して、クリスタル水素水では圧力を加えることで水素水を生成しています。この方法であれば不純物が混ざりにくいため、水に雑味が出ることはありません。また、より高濃度の水素水を作ることが可能なため、水素の力を最大限に感じることのできる水素水だともいえるでしょう。

さらにクリスタル水素水の場合には、原水をSPGフィルターで透過させることで、水分子をより細かくすることに成功しています。水素はもともと空気中に逃げやすい性質をもっているため、いかに水素を閉じこめておくかがネックとなるのですが、分子が細かいため水中に長く留まらせることが可能です。

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る