【1分で読める】脱水症状の改善に効果的な水の効果について

脱水症状の改善に効果的な水の効果について

■脱水症状を防ぐ│水を飲むメリット特集

脱水症状
脱水症状を起こした時には、水を摂取することで、その症状は改善されることが多いです。まず脱水症状というものが、どういった状態なのかを知る必要があります。人間は正常時、体内の水分量が身体の約60%(子どもは約70%)と言われています。

しかし、これが何らかの原因で正常値を下回ってしまった状態を脱水症状と呼びます。その原因としては、暑さなどで汗が過剰に分泌されることなどが挙げられます。したがって、夏の日の炎天下でスポーツなどをしている時に、こうした症状が起こることが多いです。

水は身体にとって、とても大切な役割を果たしています。血液となって、栄養素を全身に運び身体の調子を整えてくれます。また尿となって、身体に不要な老廃物を排出してくれます。

さらに汗をかくことで、体温調節をする働きもあります。したがって、水を摂取することは身体にとって大きなメリットですし、脱水症状などが起きると、こうした身体の機能が上手く働かなくなってしまいます。

脱水症状が起きた時には、身体の電解質も不足してしまいます。水分が不足すると体内の血液が不足して、身体に必要な栄養素を運ぶことができなくなってしまいます。

また電解質が不足すると、筋肉や神経に影響を及ぼして足がつったり、しびれが起きたりしてしまいます。そのため、水と電解質を一緒に摂取しなければなりません。

摂取の仕方としては、電解質を含んだスポーツドリンクなどを飲むのが一番手っ取り早い方法でしょう。またスポーツドリンクがない場合には、コップ一杯の水に塩をひとつまみと砂糖を大さじ1杯ほど入れて飲みましょう。電解質とはナトリウムイオンやカリウムイオンのことですので、塩をとることが重要になります。

ページの先頭へ戻る