【1分で読める】水の正しい補給方法と内蔵を健康に保つ効果について

水の正しい補給方法と内蔵を健康に保つ効果について

■内臓に負担をかけないようにするために│水を飲むメリット特集

お茶
水を飲むと健康に良いと言いますが、実際はどのようなメリットがあるのでしょうか。まず身体の体温や代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすくします。エネルギーの消費が効率的になるので、それによって脂肪がつきにくい身体を手に入れることができます。

また、体内の老廃物を排出するデトックス効果が認められています。老廃物を排出することで内臓の働きを良くしたり、体内の血液の流れ良くしたり、リンパの働きを助ける効果もあります。

水を飲むことは健康に何役も買ってくれています。しかし、ただ飲むだけでそのメリットは得られるのでしょうか。最近では過剰摂取による水中毒や内臓にかかる負担が心配されていますよね。せっかく健康のためにしても、逆効果になってしまっては仕方がありません。

ですが、このようなデメリットは飲み方次第なのです。普段の生活で基本的なことを身につけていれば、特に問題も手間ありません。では、いったいどのような方法が良いのでしょうか。

第一に冷たいものは避けるべきです。お酒や清涼飲料水、冷たいお茶など冷たい飲み物は内臓を冷やし硬くしてしまいます。結果、血流が悪くなり胃腸や肝臓の機能を低下させてしまうのです。

身体を温めて代謝を上げる効果があるのに、それが無駄になってしまいます。では内臓に負担をかけないための温度とはどのぐらいなのかというと、それは特に難しいことではありません。常温のもので大丈夫なのです。

身体が冷えやすい人は温めて飲むのがさらに効果的ですが、そのまま摂取することで十分な働きをしてくれます。また1回の摂取量は250ml以下に抑えるのが良いです。

人間が1日に排出する水分は2~3リットルですが、食べ物にも含まれていますから1日1.5~2リットルを補給できればベストですね。1日で6~8回に分けて飲むのが、理想的な補給の仕方と言えるでしょう。

ページの先頭へ戻る