【1分で読める】水分補給で体温調整し健康的な体を目指そう

水分補給で体温調整し健康的な身体を目指そう

■身体の温度を調節する体温調整作用│水を飲むメリット特集

人間の身体を構成する約70%が水分で、生命の維持に大きく関わっていますから補給はとても大切です。体内での働きとしては、体液の循環を維持し代謝や体温調整作用に関わっています。分かりやすいメリットとしては体内の毒素を腎臓からスムーズに排出するという働き、便秘の予防、肌のバリア機能を高める、関節の摩擦を軽減する。などが挙げられます。

反対に脱水症状になってしまうと、頭痛や全身倦怠感、食欲不振、めまい、吐き気などの症状が出てしまいます。体温調整作用(産熱と放熱)が上手くできなくなると冷え性や肩こり、頭痛や不眠などの症状へと繋がってしまいます。また水分の不足は乾燥肌の原因となり、シミやくすみ、ニキビなどの肌トラブルの元になってしまいます。

腎臓からの毒素や不要物の排出が滞ってしまうと体内に毒素が残ってしまい、中毒症状が起きたり、腎臓結石、尿管結石などの病気へと繋がってしまいます。

水を効果的に摂取し体温調整作用や代謝をスムーズに行うには、どのような方法が望ましいのでしょうか。人が1日に排出する尿量は1.5リットルと言われており、最低でもそのくらいは摂取したいものです。

また冷た過ぎるものはお腹を壊す原因にもなってしまうので、なるべく避けましょう。基本的なとりかたとしては、一気にたくさんの量を摂取するよりは、こまめに定時的に摂取する方が体内への吸収が良いです。脱水症状にならないためには、体重の2%(体重60kgの人で1.2リットル)の体液を失わないように気をつけましょう。

また、もしそういった症状になってしまった場合は、お水に食塩を溶かし9%の生理食塩液を作って飲むか、スポーツドリンクなどで電解質と共に摂取するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る