【1分で読める】脳卒中の予防に効果的な水分補給の重要性とは

脳卒中の予防に効果的な水分補給の重要性とは

■脳卒中予防に!│水を飲むメリット特集

昼間の活動中だけでなく、睡眠中にも汗となり水分は失われていると言われています。特に夏場は汗をかく量も多く、体内の水分量は減少していきます。同時に血流もドロドロになりやすく、これが血栓の元になり心筋梗塞や脳卒中の原因にもなります。大量にとること、また糖分の多い飲料は血糖値を高めることにもなりますが、失われた分を補う意味で水分をとることは大切です。

脳卒中に関して言えば、夏場に多く罹患する傾向もあります。急激に汗となって失われた分、血流にも変化が起きていることの一例であり、血流の悪化から血栓を起こしやすくなり脳卒中の原因にもなります。まず目覚めに水を1杯飲むことも健康づくりの1つです。

また夏場だけでなく、オフィス内は冷房が効いていますが乾燥気味になります。加えて長時間椅子に座っての作業はむくみやすく、血流も滞ることにもなるので適度にとることは大切です。脳卒中の予防に水をとることが大切と言われるのは、ドロドロ血からくる血栓予防が挙げられています。

脳卒中の予防に役立つ水の摂り方としては、朝起きたらコップ1杯の水と適度に渇きに応じて飲むことがポイントになります。特に高齢者の方はこまめにとることが大切で、渇きを覚えない段階でも水を飲むことが良いとされています。

また水分と併せて塩分をとることが重要と言われていますが、これは汗で失われたミネラル分を補うためです。睡眠中も寝汗でミネラル分は失われているので適度に補うことも健康法の1つで、脳卒中の予防に繋がります。とるものに関して、ジュースは口あたりが良いのですが糖分過多になりやすく、お茶やミネラルウォーター・スポーツドリンクなどがオススメです。

また夏場は熱中症対策も大切ですが、同時に脳卒中の予防にもなります。適度に汗で失われた分をとり、急激な血流の変化がないようにしたいところです。

ページの先頭へ戻る