【1分で読める】水を使った胃腸のバランスを整えるための方法

水を使った胃腸のバランスを整えるための方法

■胃腸を活発に│水を飲むメリット特集

野菜
最近、胃腸の調子が悪く便秘などの症状がなかなか改善できないことに悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。

便秘の解消には適度な運動やストレスの解消、食事面では食物繊維や乳酸菌の摂取などが改善法として有効だと言われていますが、起床後に冷たい水を1杯飲むことで便秘解消効果や胃腸の働きを活性化できるメリットがあることをご存知でしょうか。

便秘は腸内細菌に悪玉菌が増えてしまっている状態ですから、有害物質などが発生して血管で運ばれることになるので身体に様々な悪影響を与える可能性があります。

しかし起床時に冷たい1杯の水を飲むことで起床時の空っぽの状態である胃に水分補給と冷たさの刺激が加わるので、胃が働き始めます。そのことで胃や大腸反射を起こして腸の蠕動運動が活発化すると言われています。この働きにより、溜まった便が直腸に運ばれ便意をもよおすとされているので便秘解消に繋がるメリットがあると言われています。

1日のスタートである朝から胃腸の働きを活発にするために冷たい水を1杯飲むことで便秘解消効果が期待できるというメリットがありますが、便秘の解消は肌トラブルや病気の予防や改善に繋がると言われていますから試してみる価値はあるでしょう。ですが、この起床時の冷たい1杯の水はしっかり毎日食事を規則正しく行うことが重要です。便の材料となる食物繊維を多く含んだ野菜や果物、乳酸菌などを含んだ発酵食品を毎日の食事に取り入れることで、起床時の冷たい1杯の水がより効果的になると言われています。

また冷たい飲み物を飲むのは苦手という方もいるかもしれませんが、そういった場合にはお湯でも効果が期待できるようです。起床時のお湯は胃腸を温める効果があるので、手足の先が冷える冷え性の方には効果的になるかもしれません。

ページの先頭へ戻る