【1分で読める】催眠作用にお勧めの正しい水分補給方法に関して

催眠作用にオススメの正しい水分補給方法に関して

■水を飲むことで緊張をほぐし安眠に導く催眠作用│水を飲むメリット特集

睡眠作用
現在、毎日を健康に過ごすことを目的に活動をする健康ブームとなっていますが、その健康の活動において基本となるのは良い睡眠がとれるかにかかっています。この良い睡眠とは、睡眠には浅い眠りと深い眠りがあり、この浅いと不快の眠りが交互に行われてそして浅い眠りの時に起きるが理想の良い眠りとなります。

しかし近年において、この良い睡眠がとれていると感じる人は少なく、その理由としてはテレビや携帯そしてパソコンなどの電子機器を見ることで脳の動きが活発になる興奮状態になることで眠りに入りにくいことが挙げられます。

この興奮状態を抑えるには脳の活動を抑える必要があるため、その活動を抑えるために近年注目を浴びているのが水を飲むことで得られる催眠作用です。まず興奮状態とは、脳が活発に動くことで血流の流れが早過ぎてしまい各臓器に血液が出入りのリズムが速くなることで圧迫されてしまい、眠りにつきにくい状態になります。

そこで水を飲むことで、特に圧迫が激しくなる胃腸の血液の流れを落ち着かせることで脳に回る血液を抑えることが出来て、それによって安眠に導くことが出来るのです。

しかし水を飲むことで催眠作用を得られると言っても、その知識を間違えると逆効果になることがあるので水を飲む知識を知る必要があります。まず催眠作用を得るために飲むには寝る時間帯から逆算する必要があり、その寝る前の時間帯の2時間前には歯磨きと入浴した後の補給以外には多くとらないことが鉄則です。

この2つの生活において重要なことを除いて、寝る前の2時間前に飲む過ぎるとその飲んだ分を排出するために腎臓が活発に動いてしまい、安眠の防げとなります。入浴後に冷たい状態で飲みたいと思うでしょうが、しかし冷たい場合ではコップ一杯でも身体を冷やしてしまい身体が再び温めるために神経を活発に動かしてしまうため眠りにつきにくくなります。

そのため理想の飲み方としては、冷たい水ではなく常温状態の水をコップ一杯分を補給することで、この利尿作用を促進することが無く催眠効果を得ることが出来ます。

ページの先頭へ戻る