【1分で読める】交感神経と内臓の関係性やそれに効果的な水について

交感神経と内臓の関係性やそれに効果的な水について

■交感神経を抑える役目も│水を飲むメリット特集

交感神経とは、身体を活発に動かすために働いています。副交感神経と共に自律神経が生命の活動に必要な状態を保てるように身体のバランスを調整していますが、ストレスなどが原因でこのバランスを乱してしまうことがあります。

交感神経が活発になると外からの刺激に対して敏感になりイライラしたり感情が不安定になることもありますし、胃腸の働きを抑制してしまったり、頭痛やめまい自律神経失調症を引き起こしてしまうことがあります。

自律神経のバランスが悪くなってしまうと、内臓にも影響が出てしまうのはそのためなのです。朝起きた後に水を飲むと、それを改善することができます。水を飲むことで得られるメリットとしては胃腸の働きを抑制しているのを抑えて、反対に胃腸を活発にする副交感神経を刺激し胃腸を目覚めさせて働きを良くすることができ、バランスの乱れを改善させることができます。

朝、食欲がないと言う人でもコップ1杯の水を飲むことを続けることで胃腸の働きを正常化することができるようになり、朝食欲も改善します。

交感神経のバランスを正常にするための効果的な水のとり方としては、水道水よりもミネラルウォーターのほうが良いでしょう。温度は常温よりも冷たいほうが胃腸をより目覚めさせてくれる効果があり、便秘にも効果的です。

冬の寒い時に冷たいのは辛いと言う場合には、ミネラルウォーターを体温よりも少し温かいくらいの温度にして飲むようにすると良いです。沸騰させるくらい温めてしまうと、せっかくのミネラル分が減少してしまうので気をつけましょう。

飲み方としては、胃腸に刺激を与えるには一気に飲むほうがいいと考える人もいるでしょうが、ゆっくりと飲むのが身体への浸透を良くするのでゆっくりと飲むようにしましょう。朝だけではなく1日を通してちょこちょこ飲むようにすると良いでしょう。

ページの先頭へ戻る