【1分で読める】パーキンソン病の予防と治療のためにまずは水分補給を

パーキンソン病の予防と治療のためにまずは水分補給を

■パーキンソン病との関わり│水を飲むメリット特集

パーキンソン病は、脳幹に属する中脳の黒質という部分と大脳の大脳基底核にある線条体という部分に異常が起こることで発病します。黒質から線条体に向かう回路が上手く働かないと、姿勢の維持や運動の速度調節に不都合をきたし、この病気に特有の症状が現れます。黒質で作られるドーパミンが健常者の20%以下になることで発症します。

某大手企業や大学、研究所での実験では、水を飲むことでパーキンソン病などの脳神経疾患の予防と治療に有用である可能性があると発表されました。

検証内容は、水素濃度0.08ppm以上の水と対照群として純水を飲ませた比較によります。両者とも一週間飲ませた後で神経細胞を脱落させる薬品を投与し、また引き続きそれぞれを飲ませる方法で行われました。

前者においては後者にくらべ細胞の減少が抑えられるという結果が出ており、パーキンソン病など脳疾患の予防や治療に有効性を示していることを示唆しています。

パーキンソン病は、中脳の神経が脱落することで起こる脳神経疾患です。病気が進むと動きが鈍くなったり、手足が震えたりなどの症状を伴います。

確たる治療方法はなく、薬品やリハビリテーションで運動機能の喪失を押さえていく方法がとられます。症状が進む要因は神経細胞の脱落であり、その原因は活性酸素によるDNAの酸化損傷と考えられています。

そして水素濃度0.08ppm以上の水を飲むことで、神経細胞の脱落と活性酸素による酸化損傷を防ぐことができる可能性が生まれました。現状では臨床例はありませんが、マウスを用いた実験レベルにおいて効果が確認できています。そのため電気分解で生成した電解アルカリ水を利用し、飲用すれば家庭で手軽に用いられ、予防や治療に役立てる可能性が期待でき今後の可能性が見込まれます。

ページの先頭へ戻る