【1分で読める】心筋梗塞の対策に効果的な水分補給に関して

心筋梗塞の対策に効果的な水分補給に関して

■心筋梗塞対策に!│水を飲むメリット特集

老夫婦
心筋梗塞対策には様々なものがありますが、適切な水分摂取もその1つと言われます。というのも心筋梗塞は水分摂取量が不足することによって、そのリスクが高まるからです。そしてそのリスクを減らすためには、こまめな水分摂取が必要だというわけです。

もっとも、こまめに水分補給することは心筋梗塞対策になるだけではありません。血液をキレイにすることができますし、中高年の天敵である脳梗塞を予防することにも繋がるのです。疾病がまだ現れていなくても、普段からこまめに摂取することによってそれらを予防することができるのです。

心筋梗塞は心臓の冠状動脈が塞がれることで発生してしまいますが、これは飲む量が不足することが原因となることもあります。こまめに摂取することはなかなか板につきませんが、飲む習慣をつけることが必要です。こまめに飲むことは重大疾病だけでなく、色々な健康障害を予防することに繋がります。予防を考えるなら、寝る前にコップ1杯飲むようにします。

水分補給については、効果的な方法や注意点があります。例えば吸収性について考えるなら、ただ水だけを飲むよりもイオンと糖分を混ぜたイオン飲料を飲む方が吸収性が良くなります。ハイポトニック飲料というものがありますが、高齢者の場合はこちらがふさわしいと言えます。

水分補給は心筋梗塞の予防に繋がるとされますが、腎臓病などで医者から制限を受けている場合には状態に見合った量を摂取するよう注意しなければなりません。飲む量は一度にたくさんではなく、こまめに何回かに分けて飲むほうが効果的です。

また飲むタイミングとしては喉が渇く前、喉が渇きそうだと感じ始める頃がグッドタイミングです。食事中の摂取は消化にあまり良くないので、摂取を控えめにします。

ページの先頭へ戻る