【1分で読める】水の摂取でリンパの流れをよくする方法について

水の摂取でリンパの流れを良くする方法について

■リンパの流れが良くなる効果│水を飲むメリット特集

水を飲むことで様々な効果を得ることができ、健康的になれることは有名です。その効果の1つが「リンパの流れが良くなる」ことです。リンパとは、血液から染み出る組織で人間の体中に網目状に張り巡らされています。

老廃物の排出を促したりウイルスへの抗体を作ったりなど、健康的でいるために様々な役割があることで知られています。心臓から流れる血液とは違い、筋肉の動きによって流れているため、運動不足になると滞りがちになってしまいます。

この流れが滞ってしまうと足や顔をはじめ身体がむくんだり、老廃物が排出されないために肌荒れを起こしたり、肩こりを起こしたり、疲れやすくなるなどの影響があらわれてしまいます。

水はリンパの流れを良くするので、これらの影響を出にくくすることが出来ます。すると、排泄機能が上手くいって便秘の解消になったり、免疫機能がついて病気になりにくくなります。むくみにくくなるのでダイエットにも効果的で、女性にとっては嬉しい効果が得られます。

リンパの流れを良くするには、毎日2リットル程度の水を飲むことが理想的とされています。もし「2リットルも飲めない!」と思っている方は、朝食時に500ml、昼食時に500ml、夕食時に500ml、お風呂の後に500ml、など分けて飲むと飲みやすいでしょう。

リンパの流れを良くするには運動することも効果的なので、運動をした際にのどが乾いたら水を飲むのも理想的です。運動をすればカロリーの消費も出来るので、ダイエットした人には最適です。また、リンパの流れを良くする食べ物として小豆やとうがん、銀杏などがよく知られています。

水と一緒に煮込んでスープにして飲むと、美味しくいただくことができます。この際、塩や砂糖の入れ過ぎは逆効果になってしまうので薄味を心掛けるようにしましょう。

ページの先頭へ戻る