【1分で読める】水分補給は重要で脱力感はミネラル不足が原因の1つ

水分補給は重要で脱力感はミネラル不足が原因の1つ

■脱力感を感じたら!│水を飲むメリット特集

人間の身体は平均60%が水分で構成されています。つまり、このミネラルが足りなくなると脱力感を感じたり、やる気が出なくなったり、症状が悪化すれば脱水症状を引き起こし命の危険にも繋がりかねません。明らかに喉が渇いていなくても、脱力感を感じる時はミネラルの摂取が体力回復になるケースが多々あります。

知らず知らずのうちに、身体からミネラルが不足している状態になっているものなのです。一定時間、緊張状態にあったりストレスを感じたりした時は、一息つく意味でも水を飲むと疲れが回復し元気が出ることもあります。血液の循環を促し、身体全体がリフレッシュするからです。

ミネラルが身体に与えてくれる影響はそれだけではありません、美容にも良いとされています。乾きはお肌にも健康にも良くありません。出来れば一度煮沸して、カルキや塩素を抜いた状態の常温水を摂取することが理想的です。極端に冷えた飲み物は胃腸を冷やすので控えましょう。

水分がいかに人間にとって大切かお分かり頂けたでしょう。では、どのタイミングで摂取すれば良いのでしょうか。出来れば脱力感を感じる前に摂取すると、身体への負担がなく理想的と言えます。こまめな水分補給がポイントです。

大量に一度に摂取するのではなく、少量をこまめに摂取することを心掛けます。極端に言えば、1回の摂取量は1口~2口でも構いません。特に子供や高齢者は喉の渇きを自分で実感しにくいので、時間を決めて飲むことをオススメします。ペットボトルや水筒等を上手に利用して、常に持ち歩くのは大変良いことです。

運動時はもちろん、デスクワークの人も1日に摂取する量を決めて、その量だけは必ず摂取しましょう。喉の奥に付いた細菌を流し込む作用も期待できます。

ページの先頭へ戻る