【1分で読める】熱中症を甘く見ないで定期的な水分補給をしよう

熱中症を甘く見ないで定期的な水分補給をしよう

■熱中症対策に!│水を飲むメリット特集

夏の暑い時期になりますと、とにかく身体がまいってしまいます。どこにいても暑いわけで、どうにかして暑さをしのがなければなりません。室内では冷房をきかせているので良いのですが、一歩外へ出れば暑い日差しが身体を照らします。

夏の暑さで気を付けなければならないことが、熱中症であります。強い日差しは人の体力を奪い、脱水症まで起こす可能性があるのです。その予防策としては、外へ出る時は帽子などの日よけになるものを身につけ水分補給をすることです。脱水症を防ぐためにも、必ず飲料は持って出るように心掛けます。

飲料補給を十分に行っていれば、熱中症になることも防げます。熱中症の対策として一番に挙げられることは、水分を欠かさずとることと暑さを感じて身体に異変を感じたらすぐに日の照らない陰に身を寄せて休むことです。

そして身体が回復しないようであれば、すぐに病院へ行き診てもらうことです。熱中症は1つ間違うと重大なこととなり、生命も脅かしますので注意が必要です。

熱中症を予防する方法としてはとにかく水分を補うことが重要なのでありますが、他にも対策として挙げられることは、夏の暑い時期になれば食欲も当然なくなるので食事管理に気を付け、お料理の工夫をして美味しく食べられるものを摂取するようにします。

暑いからと冷たい食べ物ばかりとるのはよくありませんので、食べやすく調理して栄養を補給します。暑い時期になると、体力も大変奪われますので力のつくものを食べてエネルギーを蓄えておきます。夏バテに効く食べ物として挙げられるものを意識してとるようにします。

そして睡眠も、十分にとるように心掛けます。暑くて寝苦しい日が続きますが、快適に眠れるように室内調節をし睡眠不足にならないように気を付けます。

ページの先頭へ戻る