【1分で読める】痛風対策にも効果的な水分補給の詳しい方法に関して

痛風対策にも効果的な水分補給の詳しい方法に関して

■痛風対策に!│水を飲むメリット特集

痛風の原因となる尿酸は、通常、血液に溶け込んで腎臓に運ばれ、最終的に尿として排出されています。ところが発汗量の増加や水分摂取量の不足などの影響で体内の水分が不足すると、血液中の血しょうが減少して血が濃くなってしまうため、血液中に溶けこませることのできる尿酸の量が減少してしまいます。

また体内の水分が不足すると尿の排出量も減ってしまうので、尿酸の排出量も減少してしまいます。この結果、血液中の尿酸濃度が上昇し溶けきれなくなった尿酸が結晶化しやすくなり、関節などに蓄積して痛風を発症してしまうわけです。

このように水は痛風の原因となる尿酸の排出を促すために重要な働きをしているので、痛風の予防には積極的に飲むことによるメリットは大きいと言えるでしょう。体内で水分が不足していることは自分自身ではなかなか気づきにくいものですが、生活シーンのところどころでトイレの回数や尿の量の減少、喉や口の乾きなど不足を知らせるシグナルは常に発せられているものです。

外出する時には常にミネラルウォーターなどを携帯するようにし、運動した後や喉の乾きを感じた時などには素早く補給して痛風を予防する習慣をつけましましょう。

痛風予防には水分摂取をこまめにする生活習慣が重要ですが、そのとり方にはいくつかコツがあります。まず一般に痛風対策の効果のために水を飲む時には1日2リットル以上の摂取が目安とされていますが、一度に大量に飲んでしまうと不要な分がすぐに尿として排出されてしまい痛風対策としては十分な効果が得られない場合があるので、たくさん量を飲むだけでなく、こまめに摂ることも大切です。

また、喉が渇くと緑茶やコーヒーを飲む方が多いと思いますが、これらの飲み物には利尿作用のあるカフェインが多く含まれているので、痛風予防のためにはできればミネラルウォーターなどを摂取するほうが良いでしょう。

なお体内で尿酸を結晶化されにくくするには、水分とともにカルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル類をしっかりと摂取して体内の酸性化を予防することが重要なので、ミネラル分が不足しがちな方は、尿酸の結晶化予防に不可欠なこれらの成分が含まれているミネラルウォーターで効果的に痛風対策をすることをオススメします。

ページの先頭へ戻る