【1分で読める】水便秘解消効果を使った効果的な摂取の方法

水の便秘解消効果を使った効果的な摂取の方法

■便秘解消にも役に立つ?│水を飲むメリット特集

水を飲むと身体に良いということは広く知られています。特に便秘で悩む方は、水を飲むことで便秘解消に繋がるのです。便をスムーズに出すためには、適度な水分補給は欠かせないものだと言えます。

寝ている間に自然に汗をかいて水分を失われた身体に補給してあげることで、便から吸収されないようにすることができます。また、消化器官をすぐに通過して腸に届きます。これが腸に入ることで刺激されるので、排便のための腸のぜん動運動を促進されるのです。

腸だけでなく胃も活動を始めるようになるので、2つの効果があるのです。便秘解消だけでなく新陳代謝を活発にする働きがあるので、ダイエットにも効果的です。

代謝が上がると、エネルギー消費率が改善してカロリー消費量が増えます。また、体内のデトックスもできます。飲むとトイレが近くなるのは、回数が多い分、身体には老廃物が溜まっているということです。1日の排尿回数は8~10回が良いと言われているので、どんどん排出しましょう。

便秘解消のための摂り方は、1日を通してこまめに飲むことです。一番重要な時間は、起床してすぐにコップ1杯の冷たい水を飲むと便秘解消に繋がります。朝起きてからすぐにグラス1杯の水を飲むことによって、腸を刺激してぜん動運動を促し便をやわらかくしてくれるので、排便がスムーズになります。

起床時の空腹状態である胃袋に冷たい水を一気に飲むことで胃が活動を始め、胃・大腸反射が起こって、腸のぜん動運動を活発にしてくれます。飲む前にはしっかりうがいをしておくことも大切です。

寝ている間に口の中では菌が増殖しているので、口をゆすがずに飲むと菌が体内へ入ってしまいます。体内に菌を入れないためにも、口をゆすいでから飲むように心掛けましょう。

ページの先頭へ戻る