【1分で読める】悩みの慢性疾患のリスクを減らせる水の効果とは

悩みの慢性疾患のリスクを減らせる水の効果とは

■慢性疾患対策にも│水を飲むメリット特集

私たちの生活には欠かせない水。飲用したり料理に使用したり掃除、洗濯に利用するなど本当に身近な存在ですよね。摂取することで全身の血の巡りを良くし、便秘の改善や新陳代謝の促進に加え、満腹感を刺激するのでダイエットにも効果的であると言われています。まさにいいことだらけですが、飲むことで慢性疾患の対策にもなるということはご存知でしょうか。

慢性疾患とは回復まで時間かかり長期間の治療が必要な疾患のことですが、具体的には高血圧・糖尿病・高脂血症・痛風などが一例として挙げられます。完治もしにくいので、慢性疾患をお持ちの方にとっては本当に悩みの種ですよね。しかし現在では、いくつかの慢性疾患リスクの関係性について研究が行われております。そして水を飲むことが健康維持に重要であることがわかっています。

つまり健康を手に入れるためには、水を飲むことが欠かせないのです。体内における働きは大きく分けて次の3つです。まず、身体の状態を一定に保つこと。そして、血液として栄養素・酸素の運搬をすること。最後にデトックスです。この3つが正常に行われることで身体の機能が高まり、疾患に対して強い身体が形成されていくのです。

それでは、慢性疾患を防いで健康につながる正しい水の飲み方を記述していきましょう。まず飲む量に関してですが、こちらは1日2リットルの摂取が理想的です。激しい運動をせずに普段生活をしていたとしても、尿や汗などから1日2~3リットルの水分が失われています。

この排出された分を補うためにも、この量は飲むように心掛けましょう。そして身体を冷やさないように、冷たいままではなく常温にしてから飲むようにしましょう。身体が冷えると疾患にもかかりやすくなってしまいます。また、コップ1杯の水を6~8回にわけてこまめに飲むようにしましょう。

喉が渇いたなと感じる時点ですでに身体は乾いているので、そうなる前に口を湿らすような気持ちで少しづつ飲むようにして下さい。もし2リットルも飲みにくいと感じる場合は、レモン汁を加えるとほのかに酸味とフレーバーが加わるので飲みやすくなりますよ。

ページの先頭へ戻る