【1分で読める】水分補給で代謝をよくしアトピー性皮膚炎を改善

水分補給で代謝を良くしアトピー性皮膚炎を改善

■アトピー改善を!│水を飲むメリット特集

親子
今や子供だけではなく、大人にも爆発的に広がっているアトピー性皮膚炎。原因は遺伝やストレス、食事などと多岐に渡りますが、なかなかすぐに症状を改善することは難しいのが現状です。

今回取り上げるのは「水」です。身体全体に占める割合は乳幼児で80%、成人で60~70%、老人で50~60%を占めており、生きることには欠かせないものです。

水は血液の流れを良くし身体の中の老廃物を体外に排出させ、新陳代謝を促進する働きを持っています。また食事で摂取した栄養素を身体の隅から隅までの細胞に運ぶ役割を持っているので、普段から十分な量を摂取することが大事です。

水が十分に細胞に行き渡ると代謝が劇的に良くなり、新しい皮膚の細胞も作られます。また肌の潤いもアップします。もし慢性的に不足すると、身体の中で最も重要な部分の脳や心臓に優先的に水分が回され、皮膚が一番最後になってしまいます。これがあなたのアトピーの症状を悪化させる一番の原因ともなり得るのです。

では、1日にどのくらい摂取するのがいいのでしょうが?一般的に成人だと汗や尿などにより1日に2500cc程度の水分が体外に排出されます。そのため、摂取した水分を体内の隅から隅まで行き届かせるためには1日に成人では1500~2000cc、高齢者でも1000cc程度の摂取が理想的です。食事の消化吸収を妨げない寝起きや食前1時間前に飲むのが理想です。

また気をつけなければいけないのは、コーヒーやスポーツドリンク、アルコール等は水分ではありません。添加物や糖分などが含まれているので逆に身体で毒素が出来上がり、血液の流れを悪くさせアトピーを悪化させてしまいます。特に患部がジュクジュクしてきた場合はそういったものを摂取しすぎている可能性があるので、普段の生活を見直すことが大事です。

ページの先頭へ戻る