【1分で読める】水の効果で得られる老化に関わるメリットとは

水の効果で得られる老化に関わるメリットとは

■水で老化を防ぐには│水を飲むメリット特集

生まれた時には身体の80%もあった水分が、老人になると50%に減ってしまいます。加齢によって新陳代謝が悪くなり、体内で作られる水分量が減ってしまうのです。細胞内の水にはカリウムが少し含まれているのですが、老化によって細胞内が乾いてくるとカリウムも失われていきます。すると細胞の生命力がなくなっていくのです。つまり、カリウムが減少するということが「老化」なのです。

またナトリウムは細胞内の水分が減ると、細胞内に侵入してきます。そしてそれが神経痛や筋肉の老化などを起こします。だからナトリウムが増えるということは、老化に繋がるということです。そこでカリウムを含んだ水をたくさん摂取していることで細胞がイキイキとし、身体の中も肌も若々しくいられるのです。

潤うということは血液もサラサラになり、循環も良くなります。すると栄養や酸素が身体の隅々までいきわたると同時に老廃物も排出されやすくなるので、身体は健康で脳も活性化し、肌も潤いを保てるということです。

水分補給と老化の関係について述べてきましたが、ではどのように補給をすると効果的なのでしょうか。人間の身体からは年齢や個人差はありますが、およそ一日に2.5リットルもの水分が失われます。だからその分、補給をすることが必要です。

食べ物からも摂取しているので1.5リットルから2リットルくらい補給するのが良いと言われています。もちろん夏はもっと多めに、またダイエットを目的の時も多めに摂取すると良いでしょう。飲み方は一度にたくさん飲むのではなく、こまめに飲むようにします。

また朝起きた時と夜寝る前には、コップ1杯づつ飲むようにします。運動時や入浴前、食事の時にも飲むようにします。冬は冷たい水は身体を冷やしてしまうので温かい食べ物と一緒に飲むか、白湯にしたり生姜湯などにして飲むと身体を冷やさずに済みます。

>>老化や病気を防ぐ話題の水について

ページの先頭へ戻る