どうやって水素水が出てくるの?

水素水のサーバー水素水サーバーの取り扱い業者はいくつかあり、自宅の水道水を汲み入れたり水道管とつないでいたりと種類も様々ですが、基本的には水道水をろ過する装置がついているのが一般的なようです。

サーバーの仕組みは、水道水を濾過し不純物を取り除いた状態で水素を発生させる装置を通して水が出てくるようになっています。

水素水生成器が内臓されていてボタン一つで水が飲める装置ともいえそうです。

設置は難しい?

インターネット上で申し込みをして、工事をしてもらい設置完了となります。他の一般的なサーバーは置くだけのタイプが多いので工事は特に必要ありませんが、水素水サーバーの場合は工事が必要なケースがほとんどです。賃貸に住んでいるときは工事可能かを事前に確認しておいたり、現状復帰の工賃まで含めた費用を考えましょう。

中には置くだけのタイプで自分で水道水を汲み入れるものもあるので工事が嫌だというときにはそうしたものも選択できます。サーバーによくある水のタンクを持ち上げる手間やタンクの置き場にも困らないのは嬉しいところですね。

レンタル水素水サーバーのメリット

メンテナンス不要

レンタルを利用することの最大のメリットは、なんといっても「メンテナンスが不要」なこと。消耗品の交換のような煩雑な作業はもちろんのこと、故障時の修理や買い換えだって自分でする必要がありません。この点では、オフィス機器の類をレンタルで済ませるのと同じ理由だといえるでしょう。

ただし水素水の場合は、直接口にするものです。衛生面でのメンテナンスについては、オフィス機器よりも遥かに慎重でなければなりません。その意味でも、水素水サーバーのメンテナンスをプロに任せられるというのは大きなメリットといえるでしょう。

お手頃価格で水素水を

小売りの水素水は、普通のミネラルウォーターに比べると2〜4倍ほどの値段がします。水素水の力を実感していながら、毎日飲むには経済的に厳しいという人もいたことでしょう。

その点、レンタル水素水サーバーであれば月額4,000円〜10,000円程度で毎日数リットルもの水素水を飲むことが可能です。また、レンタルであれば初期費用も安いのも魅力です。

レンタル水素水サーバーのデメリット

賢く活用しないと割高になる可能性も

レンタル契約には違約金がつきものです。途中解約をしてしまうと、予想外の出費となる可能性もあるでしょう。事前に契約書をしっかりと熟読した上でサインしなければなりません。急な転勤等が考えられる人の場合には、導入に慎重になってもよいのではないでしょうか。

また、3年以上同じ水素水サーバーを継続して使うのであれば、レンタルよりも購入の方が安上がりとなります。レンタルならではの利点を存分に味わうためには、契約満了の都度レンタル契約の見直しをしてみることも大事でしょう。

選択肢がまだまだ少ない

もう1つの問題は、選択肢が非常に少ないという点です。それなりに信頼のおけるレンタル水素水サーバーは、せいぜい5〜6種類しかありません。

選択肢が少ないと、どうしても条件面で妥協をしなければならない場合が出てきます。また、競合が少ないということで、提供するメーカー側も顧客に対して強気のサービス内容となりがちです。

妥協して結果的に後悔することになるのであれば、レンタルではなく、意を決して水素水サーバーの購入を検討するのも良いかもしれません。

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る