本格的な水素水を目指すなら水素生成器!

水素水生成器高濃度の水素水を自宅でもつくりたいという人は水素生成器の購入が必要となります。

水素生成器はいくつかの種類がありますが、水を入れてスイッチを押すと水素が発生する装置が動き数分から数十分で水素水が完成するタイプと水道と直接つなぎいつでも蛇口をひねれば水素水が飲めるタイプのものの2種類が一般的です。

どちらも設置してしまえば使い方は簡単で、種類を選んだらあとは生成される時間や生成器自体のサイズ、一度に作れる量などから選択することとなります。電気を使ってその場で作るため高濃度の水素水ができあがるのが特徴です。

購入はネットでも店舗でも

水素生成器の購入はネットでも店舗でも可能で、大手のメーカーからも販売されているので保証なども気になる場合は大手家電量販店での購入が安心かもしれません。

設置に工事が必要なものもあるので、どこにどんなタイプを置きたいのかを明確にしておくと検討しやすくなりそうです。

メンテナンスが自分でできるのかプロを頼む必要があるのか、カートリッジの交換が必要ならそのカートリッジの購入方法もチェックポイントになります。本体は買ったもののカートリッジが特定店舗でしか売られていないとなかなか継続しての使用ができなくなってしまい勿体無いことになってしまうかもしれませんよ!

比較が難しいときは○リットル使用にいくらかかるかで計算!

本体の購入代金がかなり安いものでも3万円台から、10万円台~中には30万円近いものまでと幅広い水素生成器は、10万円以下なら安いと思ってよいでしょう。

カートリッジは半年から1年もつものが多いようですが、1万円以上するものが大半なので継続使用の費用も考えておく必要があります。

トータル費用を計算するときに、1ヶ月あたりのコストを出しづらい商品もあるので例えば10リットル使用したらいくらくらいかかるのかを計算して比較するといいかもしれません。ちなみに10リットルあたりで80円~100円が相場価格となっているようですので検討の際にチェックしてみてください。

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る