水素水ウォーターサーバー

水素水ウォーターサーバー家庭でも使用されているウォーターサーバーにも水素水が飲めるものがあります。

設置に工事が必要な場合も多いのですが、設置してしまえばあとは半年から1年に一度メンテナンスやカートリッジの交換をすればボタンを押すだけで簡単に水素水が飲めるので自宅でいつでもすぐ飲みたいという人にピッタリです。

水素水ウォーターサーバーの詳細へ

水素水をつくるポット

水素水をつくるポットウォーターサーバーほど高価ではなく、手の届く価格のポットにカートリッジをつけることで気軽に水素水を楽しめるのが特徴です。

カートリッジの交換時期は大体3ヶ月ほどでその交換や購入の手間はかかりますが浄水器と一体化しているものもあるのでこれまで浄水器を使っていた人はあまり不便を感じないかもしれません。維持費もそうですが、外出用に持ち運ぶと水素が抜けてしまう点が惜しいところです。

水素水をつくるポットの詳細へ

水素水をつくるスティック

水素水をつくるスティック水素を発生させるスティックを水に入れておくと水素水になるという持ち運びにも家庭用にも便利なタイプです。

数ヶ月から半年ほど使用でき経済的です。メンテナンスがやや面倒な点と持ち運びに便利といっても最後にはスティックも持ち帰らなければならないので荷物が増えてしまいますし間違って捨ててしまう危険性もあります。まめなタイプの人には向いているかもしれません。

水素水をつくるスティックの詳細へ

水素水生成器

水素水生成器自宅に設置できる水素生成器というものもあるのです。

コーヒーメーカーのように水を入れてスイッチを入れると数分から数十分で水素水ができあがるというものやキッチンのシンク下に設置して蛇口から水素水が出てくるものなど種類も豊富です。

水素水生成器の詳細へ

アルミパウチ入り水素水

アルミパウチ入り水素水アルミパウチに入っている水素水は持ち運びに便利でアルミの為水素が抜けにくいので人気が高いようです。

注ぎ口がプラスチックになっているとその部分から水素が抜けてしまうので全てアルミのボトルのほうがよいとも言われていますが飲み残したときに空気を抜くことができるので一気に飲む必要がないパウチは使い勝手がよい1品です。

アルミパウチ入り水素水の詳細へ

アルミボトル入り水素水

アルミパウチと同じく、かつ蓋までアルミなので開けるまでの水素の含有量は注入時とほとんど変わらないのが大きな利点です。

300ml入りで持ち運びにも飲み干すのにもちょうどいい量ですので、まずは飲んでみて試す、ということでも良いですよね。

アルミボトル入り水素水の詳細へ

水素水をつくるタブレット

いつでもどこでも水道水やミネラルウォーターにタブレットを入れれば水素水ができるという便利な品です。

タブレットなので持ち運びの際にスペースも取らないのはいいのですが、飲み水を全てこれで作ろうとすると数を多く買わなければならなくなるので出費がかさんでしまいます。1日1杯程度でよい人や外出用として使用するのがいいかもしれません。

水素水をつくるタブレットの詳細へ

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る