あらめて水素水について知ろう

今や単なる一過性のブームではなく、すっかり定着したといえる水素水。しかし、世間での認知度が高まるにつれ、水素水という言葉が一人歩きしている感覚もあります。いったいどれほどの人が水素水について正確に知っているでしょうか?

たしかに水素水には、健康増進や美容への効果があります。ただそれは、「品質の高い本物の水素水」に限っての話。ブームに便乗して水素水を名乗っているだけの粗悪な商品も出回っているのが現状です。

偽物を掴まされないためにも、ここであらためて、水素水がどういったものであるのかを理解しておきましょう。

水素水=水素分子を豊富に含んだ水

水素水とは、その名のとおり水素分子(H2)が豊富に含まれた水です。水に水素を入れる方法としては2種類あり、水素ガスをバブル化して水に溶かす方法と、水を電気分解することによって水素を作り出す方法とがあります。

近年になって水素水が注目されるようになったのは、「活性酸素」との関係です。人間の老化や病気の多くは、活性酸素が原因で引き起こされているということがわかってきました。金属が酸化すると錆びついてしまうように、人間の細胞も酸に触れるとダメージを受けます。そこで、高い抗酸化作用をもつ水素への注目が高まってきたわけです。

水素を体内に取り入れる方法として水素水が人気を集めるようになったのは、自然な流れといえるでしょう。

水素は隅々まで浸透する

もっとも、抗酸化作用のある成分はほかにもビタミンCやポリフェノールなどたくさんあります。お手軽さでいえば、これらの成分の方が摂取しやすいともいえるでしょう。

にもかかわらず水素水が注目されているのは、体の隅々にまで行き渡る成分だからです。水素の分子は、地球上の元素のなかで最も小さいという特徴をもちます。そのため、一度体内に入れば隅々まで行き渡ってくれます。

また、もうひとつ重要な特徴としては、水にも油にも溶けやすいという点が挙げられるでしょう。人間の細胞内は水で満たされていますが、細胞膜は油でできています。その両方に水素の力を行き届かせるためには、水素ほど最適な成分はありません。

重要なのは濃度ですが……

現在、「水素水」と名乗っている商品は数え切れないほどあります。しかし、実際にはわずかしか水素が含まれていないものもあります。選ぶ際には、水素濃度を重視するようにしましょう。

ただし、1.57ppm以上の水素は、化学的にはあまり意味がありません。水に安定して溶け込ませることのできる量は1.57ppmまでだからです。無理やり詰めようとすればもっと詰めることは可能ですが、蓋を開けた瞬間に余った1.57ppm以上の部分は一瞬で抜けてしまうでしょう。

水素水13製品の詳細を比較今、注目の水素水13製品の詳細を比較しました。

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る