水素水を持ち運べる? 「ポケット」が人気

数ある水素水サーバーの中でも、その独特の立ち位置から高い人気を集めているのが「ポケット」です。ポケットはその名のとおり携帯型の水素水サーバーで、これさえあれば365日24時間、どこでも水素水を飲むことができます。

なんといっても最大の魅力は、ボタンを1つ押すだけでただの水道水が高濃度の水素水に変身するという点でしょう。水道水だからコストもかかりませんし、水道水だからこそどこでも調達することが可能です。

手軽さと携帯性が人気で、アスリートや芸能人にも愛用者が増えているようです。

飲めば飲むほど安くなる!抜群のコストパフォーマンス

水素水に興味を持ちながら手を出せないという人は、多くが経済的な事情によるものではないでしょうか? たしかに、アルミパウチ入りの水素水は高価です。普通のミネラルウォーターに比べると2〜4倍もの値段がしますから、毎日気軽に使うというのは難しいかもしれません。

それに対して、ポケットは初期費用としてボトル代さえ支払えば、あとはほとんどノーコストと言っても問題ありません。3年間使えば、なんと1日あたり53円で水素水が飲み放題になるのです。

メンテナンスも簡単で安心

水素水サーバーを利用する際の最大のネックは、メンテナンスです。一般的な水素水サーバーは大きいですから、隅々までお手入れをするのはなかなか面倒です。しかし水素水は直接口に入れるもの。常に清潔に保っていないと不安もあることでしょう。

ポケットはその点も安心です。分解して簡単に丸洗いすることができるので、専門家に頼まなくても常に清潔に保つことが可能です。また、フィルターが存在しないため、フィルター交換の手間がかからないというのも嬉しいところ。必要最低限の手間だけで、いつでもおいしい水素水を飲むことができるわけです。

気になる水素の濃度は…?

携帯できてメンテナンスも簡単となると、気になるのは肝心の水素濃度ではないでしょうか? 世の中の大半の機器は、携帯型ではパワーが落ちるものと相場が決まっています。ノートパソコンの電池は短いですし、携帯型の扇風機も風力が弱いですよね。

しかし、ポケットについてはその心配もいりません。ポケットでは、0.62ppm以上の高濃度水素水を作ることが可能です。携帯型としては充分な水素濃度といえるのではないでしょうか。いつでも補充ができることを考慮すれば、レジャーやスポーツのときにも大活躍してくれることでしょう。

水素水13製品の詳細を比較今、注目の水素水13製品の詳細を比較しました。

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る