「水素水の化学式」は本当?

水素水の人気が加熱するとともに、水素水の化学的信憑性についての議論も盛り上がっています。昔から水は悪徳ビジネスと結びつきやすいですから、懐疑的な人が多いのは頷ける話です。

結論からいえば、別のページでも解説しているように「本物の高品質な水素水なら効果はあるが、粗悪品も多く出回っている」というのが実際のところです。特に最近はブームですから、まったく科学的知識もないまま類似品を製造しているメーカーも多いようです。

そんな質の悪い水素水のパッケージが、少し前からネットで話題となっています。パッケージの脇に水の分子モデルに似たイラストが描かれ、その中心部に「H14O」と表記されているのです。

しかし、この化学式は本当に正しいのでしょうか?

H14Oなどという物質は存在しない

水の化学式が「H2O」であることは中学校の理科で習いますから、皆さんご存知でしょう。「H」(=水素分子)2つと「O」(酸素分子)1つが結合することで水は成り立っています。

「H14O」はつまり、一般的な水よりも水素がたくさん含まれているのだということを表現したかったのだと思われます。

ですが、化学的にこんな物質は存在しません。簡単に説明すると、分子にはそれぞれ元素同志を繋ぐための手があるのですが、H14Oでは手の数がまったく合わないためです。理論上は無理をすれば作れないこともないそうですが、安定した物質には絶対になりません。

メーカーとしては水素濃度をアピールしたかったのでしょうが、このような間違った化学式を堂々とパッケージに記載してしまっては、かえって商品の信憑性を損なうだけでしかありません。また、それによって水素水業界全体へのイメージも悪くなりかねません。

水素水の本当の化学式は?

では、実際の水素水の化学式はどのようなものなのでしょうか?

答えは、「ない」です。

水素水はそもそも、水と水素とを化学的に結合させたものではありません。水の中に大量の水素を溶け込ませたものです。つまり混合物なので、いわゆる化学式は原則的にありません。

無理やり書こうとすれば「H2O + H2」と書くことも可能でしょうが、やはり一般的ではないでしょう。

ありもしない化学式を記載している水素水を見かけたとしたら、それは粗悪品である可能性が高いです。手に取らないよう気をつけましょう。

水素水13製品の詳細を比較今、注目の水素水13製品の詳細を比較しました。

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る