効果的に飲みたい水素水!いつ飲めば良い?

美容や健康に高い効果が期待される水素水。いつ飲んでも良いのですが、せっかくですから、効果が出やすい飲み方をしたいですよね。

基本的には、一日1〜1.5リットルの摂取を目安にすると良いでしょう。
たくさん飲めば飲むほど良い効果が出るだろうと期待したくなりますが、多量摂取は避け、適量を何回かに分けて飲んでください。
通常の水であっても、多量摂取は体に良くありません。何事もほどほどが一番です。
温度 冷たい状態では体を冷やします。美容や健康を意識するなら、できるだけ常温で飲む事をおすすめします。
時期 夏でも冬でも、通常の水のようにいつでも飲む事ができます。
ただし、暑いから多めに飲む、寒いから飲むのを控える等バラバラでは体のバランスを整えられません。一年を通して同じ量を同じだけ飲むようにしてください。

一日の飲むタイミング

寝起き 寝起きは一番体が渇いている状態です。速やかに水素水で水分補給しましょう。
食事中 お茶やジュース、お酒と同じように飲む事ができます。また、料理に利用することもでき、味がまろやかになります。
運動後 運動後は活性酸素が大量に発生します。
水分補給しつつお肌を還元できる水素水を飲むには、絶好の機会です。
お風呂上がり 入浴後は免疫機能が高まり、善玉活性酸素も悪玉活性酸素も同時に発生しています。運動後同様、水素水で水分補給とお肌を還元をしましょう。
就寝前 就寝中は体の大切なメンテナンス時間です。傷付いた細胞を修復し、新たな細胞を生み出す為に、水素水を飲んで細胞をサポートしましょう。

……など、効果的に飲むタイミングは色々あることが分かります。

しかし、これ以上に大事なタイミングがあります。

それはすぐ飲む事!

でもなぜ?と思われるでしょう。そこで、水素水の特性を理解しておきましょう。

すぐに逃げちゃう水素ガス

ペットボトル分子の隙間から水素が逃げる水素水は、水素ガスが含まれた水です。

水素ガスは、宇宙で最も小さな分子で、とても拡散性の高い性質を持っています。あまりの小ささとすばしっこさから、ペットボトル容器などではキャップを閉めていてもペットボトル分子の隙間から逃げ出してしまいます。

ガラス容器でも水素ガスを閉じ込めてはおけません。ペットボトル同様、分子の隙間から逃げてしまうのです。

逃げる前に飲む!

このように、水素ガスはすぐに拡散し、逃げてしまうので、水素水の容器を開けたらすぐに飲むことです。水素水を飲むのに一番大事なタイミング、それは「すぐに飲む」!これに限ります。

効果的に飲む為の容器選び

効果的なタイミングですぐに飲む事ができたら、それが理想です。しかしどういう水素水容器を選ぶかによって、それは変わります。

現在、水素水のタイプはいくつかあります。サーバータイプ、ペットボトルタイプ、ボトル缶タイプ、スティックタイプ、アルミパウチタイプなどなど。

中でもアルミパウチは一番水素ガスを逃がさず保持する事が可能で、水素水を手軽に持ち運べる為、飲む場所も時間も選びません。キャップを開けるだけで飲めるので、手間無く飲めるのも魅力です。

自分に合ったタイミングで水素水を飲み、体の中から美と健康を高めたいですね。

水素ガスを保持する容器、アルミパウチタイプの水素水はこちらへ

味で比較するのも重要!おすすめ水素水を探す

継続的に飲み続けることを考えれば、水素水の味にも注目したいところ。
水に味がある…という感覚をなかなか理解できない人も多いかもしれませんが、飲み水にはわずかに味があります。厳密には水に含まれるミネラルなどの不純物の味ですが、自然界に何も不純物が混じっていない純粋な水(=超純水)など存在しません。あらゆる飲み水には、必ず何らかの不純物が含まれているのです。そういった不純物が持っているわずかな苦味、塩味などを私たちは“水の味”として認識します。

これまで人間の味覚は甘味、塩味、酸味、苦味、旨味の5種類と考えられていましたが、2008年、新たにカルシウム味という味覚が存在する…という説も有力に。水に含まれる不純物の多くがミネラルであることを考えると、カルシウム味は美味しい水かどうかを左右する重要なファクターの1つかもしれませんね。厚生労働省の“おいしい水研究会”が定める水質条件によれば、ミネラルを中心とする不純物(煮沸した場合に残る残留物)が水1リットルあたり30~200mgほど残っているのが美味しい水だそうです。
その他、硬度(マグネシウム&カルシウムの濃度)、遊離炭酸(炭酸ガスなどの濃度)、過マンガン酸カリウム消費量(有機物量の指標)、残留塩素(カルキ)、さらには水温といった様々な要素が複合して、水の味が決まります。
毎日、飲み続けるわけですから、比較検討の上、なるべく好みに合った味の水素水を飲むのがおすすめです。

水素水の味を比較!詳細はこちら

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る