水素水は効果なし?って本当。。

水素水ブームが加熱するとともに、最近では水素水に否定的な意見もよく見られるようになってきました。

たしかに昔から「水が絡む商売はうさんくさい」とよく言われます。宗教勧誘や悪徳商法でも「健康になる水」や「若返る水」は定番でした。では、水素水もそういったオカルトと同じなのでしょうか? 結論から言うと、これは誤解です。水素には、たしかに活性酸素を除去する効果があります。

問題は、「水素水として売られている商品に本当に水素が入っているかどうか」という部分です。

水素はもともと、空気中に逃げやすい性質をもっています。ですから、水素水をそのまま放置しておくと、何もしなくても勝手に水素含有量は減っていってしまうのです。一見すると密閉されているように見えても、水素は目に見えないような小さな隙間からも逃げ出します。そのため、市販の水素水を買っても水素がすでに抜けてしまったあとだという可能性があります。

よく水素水に効果がないと言われるのは、「水素水そのものに効果がない」ということではなく、「水素を閉じこめておくことが難しい」「ちゃんと水素の入っている水素水が少ない」という意味だと考えるべきです。

活性酸素を除去する効果

活性酸素は体を錆びさせる原因

水素水の効果としては、老化防止や病気防止がうたわれています。では、どうして水素水を摂取するとこうした効果を得ることができるのでしょうか? それは、水素には活性酸素を除去する効果があるためです。

美容や健康への関心が高い人であれば、「活性酸素」という言葉は誰しも一度くらい目にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、意外とその正体を知っている人は少ないかもしれません。

簡単に言うと、活性酸素とは体を錆びさせる原因物質のことです。「活性」という言葉のイメージから健康に良いものだと誤解している人もいるかもしれませんが、 実は正反対なのです。金属が酸化すると錆びてしまうように、人間の体の細胞も酸化すると錆びてしまいます。そして細胞が錆びるということは、老化したり、病気になりやすくなるということです。

つまり、体内から活性酸素を少しでも取り除くことができれば、それだけ老化防止や病気防止に繋がるということです。

水素水が活性酸素を除去する仕組み

活性酸素を除去するための最もシンプルな方法は、抗酸化作用のある成分を取り入れることです。

たとえばポリフェノールなどはその代表例だといえるでしょう。数年前からプルーンやワインが健康に良いと人気になっていますが、それはポリフェノールが多く含まれているためです。また、ビタミンCも抗酸化作用があることで有名です。フルーツを食べると健康に良いとされるのも、うなずける話ですね。これらの成分を多く摂取すれば、それだけ体細胞の酸化を防ぐことができます。

しかし、そんなポリフェノールやビタミンC以上に高い抗酸化作用を持っている物質があります。それがまさしく水素なのです。

「水素は空気中に逃げやすい性質をもっている」と先ほど説明しましたが、それは言い換えれば、酸素と結びつきやすいということ。つまり水素は、活性酸素とも結びつきやすい性質ももっています。だからこそ、水素を体内に取り入れると、活性酸素と結びついて除去してくれるわけです。

水素水についてもっと詳しく見て見ましょう

水素水を選ぶ上で外せないph値

飲みやすく効果の高い水素水を選ぶポイントの一つに、pH値があります。酸性に傾くほどpHは低くなるので、身体を酸化(=老化)させたくないのであれば、pH値を上げることが必要。水素水はpH値を上げて、身体をアルカリ性に近づける抗酸化作用を持っているのです。ただ、pH値が高ければ良い…いうほど話は単純ではありません。

ph値の詳細へ

効果的に飲みたい水素水!いつ飲めば良い?

水素水はいつ飲んでも良いものですが、高い効果を期待するのなら飲むタイミングを知っておくと良いことを具体的に説明します。また、アルミパウチ容器の水素水であれば効率良く摂取できることにも触れます。

効果的に飲みたい水素水の詳細へ

子供が飲む場合の注意点

水素水を子供が飲んでも問題が無いか、hp値を軸に大人と子供の体の違いについて比較しながら解説します。その上で子供が安心して飲める水素水の選び方を紹介します。特に赤ちゃんの場合は注意が必要な事も述べています。

子供が飲む場合の注意点の詳細へ

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る