美味しい水素水の見極め方

美味しい水素水水素水は身体に良い水であることはわかっているものの、気になるポイントの一つに味があるのではないでしょうか。「良薬口に苦し」ということわざがあるように、実際に重苦しい朝のトイレ等に効果があるとされる水は飲みにくいものもあります。活性酸素を除去して年齡による元気がなくなることを防ぐ効果や、免疫力の低下を防ぐ効果がある水素水も美味しくないのでは?と思う方もいることでしょう。

水素水といっても今や数多くのメーカーで製造・販売されているため、実際は美味しい水素水もあれば飲みにくい水素水もあります。もちろん、健康のためなら美味しくなくても我慢して飲み続けるという方もいるでしょうが、そんな方でも美味しくて健康への効果が高い水素水があればそちらの方がいいでしょう。

ここでは美味しい水素水の見極め方をいくつか紹介します。

①お試し購入で比較

美味しいか、不味いか、それは感覚的なものですので正直言ってどの水素水が美味しいのか、というのは一概には言えません。他人が美味しいと思っても、自分はそれほど美味しいとは感じない方もいるでしょう。それを見極めるためには、実際に自分で飲んでみることが一番!

自分が飲みやすい、美味しいと感じた水素水を選べばいいのです。とはいえ、水素水といっても数十種類にも上りますし、高価なものもあります。そのため実際に飲んで見極める場合には、お試し価格で購入できる水素水をまず試してみるといいでしょう。

お試し購入ができる水素水

ビガーブライトEX

WEB限定30本セット:¥6,990
(@233)
容量:500ml
送料:無料
キヨラビ 6本セット(5セットまで)
¥1,620
(@270)
容量:500ml
送料:無料
メロディアン 7本セット(3セットまで)
¥1,544
(@220)
容量:300ml
送料:無料
サラスバ 10本セット(5セットまで)
¥1,980
(@198)
容量:500ml
送料:無料
クリスタル水素水 30本セット:¥9,980
(@332.7)
容量:500ml
送料:無料
水素豊富水 7本セット:¥1,500
(@214.3)
容量:300ml
送料:無料
薬療研 10本セット:¥3,060
(@306)
容量:550ml
ふじおやまの恵み 10本セット:¥2,500
(@250)
容量:200ml
送料:無料

②数値で比較

水素水の美味しさを図る手段として、配合している成分を見る方法もあります。厚生省の「おいしい水研究会では、どのような数値がおいしい水になるのか、一定の目安を表しています。実際に飲んでみなくても、一般的なおいしさがわかるのです。

水素水のおいしさを比較する際の目安として、蒸発残留物(ミネラルの量)、硬度があります。おいしい水は軟水であり、それでいてある程度のミネラルが含まれているのが理想です。ミネラルが多すぎると苦みを感じたり、硬い感じがしますし、逆にミネラルが全くないのも味気のない湯ざましのような味になります。また、おいしい水研究会発足前の厚生省の目安としてはphも含まれています。これに着目して比較してみました。

おいしい水の目安 ph:6.0~7.5 硬度(mg/L):10~100 蒸発残留物(ml/L):30~200
ビガーブライトEX ph:6.5~7.0
硬度(mg/L):73
蒸発残留物(ml/L):38.9
キヨラビ ph:6.2~7.0
硬度(mg/L):68
蒸発残留物(ml/L):38.9
メロディアン ph:7.4
硬度(mg/L):48
蒸発残留物(ml/L):25.9
サラスバ ph:6.2~7.2
硬度(mg/L):78
蒸発残留物(ml/L):42.4
クリスタル水素水 ph:6.2~7.0
硬度(mg/L):68
蒸発残留物(ml/L):40
水素豊富水 ph:?
硬度(mg/L):48
蒸発残留物(ml/L):2.3
イズミオ ph:中性
硬度(mg/L):0
蒸発残留物(ml/L):0
伊藤園水素水 ph:7.5~8.5
硬度(mg/L):0
蒸発残留物(ml/L):0
薬療研 ph:6.8~7.5
硬度(mg/L):29
蒸発残留物(ml/L):176.6

水素水を選ぶ上で外せないph値とは?

水素水をさらに美味しく飲む方法

おいしい水素水を購入しても、飲み方によっておいしさは若干異なります。前出のおいしい水研究会では水をおいしく飲むための温度(水温)にも着目しており、水をおいしく飲む温度としては20℃以下とされています。もっと厳密に言えば10~15℃程度が望ましいでしょう。ということは、日本に住んでいるなら常温で飲むと最も水素水が美味しく飲めるというわけです。

ただ、その温度も季節によっても異なります。夏の気温の高い日などは冷えた水の方が美味しく感じる事がありますし、冬の寒い日などはちょっとぬるめのほうが飲みやすいでしょう。そのため、季節、地域に合わせて温度調整をするとより水素水を美味しく飲めることでしょう。

ただ、注意しなければいけないのは、水素水を温めて飲みたいという場合です。沸騰すると水素はなくなってしまいます。温める場合は容器のまま(できないものもあり)湯煎をおこない、人肌程度の温度にしておきましょう。

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る