水素水を長く飲み続けるには価格も重要なポイント

水素水は一度お試しで飲んだだけでも美味しいと感じる方がいるようです。そのようなこともあり、飲み続ける方もいらっしゃいますよね。とはいえ、水素水はスーパーで売られているような一般的なミネラルウォーターと比べると若干コストがかかります。「健康のためなら高くてもいい」と思う方もいますが、たいていの人は価格設定が高いと、初めは飲んでいても次第にやめていってしまうのです。また、もったいないからといって飲む量を減らしてしまう方もいるようです。

そのため、水素水を選ぶ場合には価格も非常に重要なポイントになるのです。もちろん、価格だけで判断してもいけませんので、水素水を選ぶ条件の一つとして考えておくことが大切でしょう。

オススメ水素水を価格で比較

長期間使用するため定期購入価格で比較!※画像から各商品の詳細ページにリンクします。

ビガーブライトEX
ビガーブライトEX
<購入サイクル>
10~60日の間隔で指定可能
<単位>
30本
<価格>
¥8,400
<1本あたり>
¥283
<100mlあたり>
¥56
キヨラビ <購入サイクル>
20日or毎月で指定可能
<単位>
20本or30本
<価格>
20本:¥8,640
30本:¥10,800
<1本あたり>
20本:¥432
30本:¥360
<100mlあたり>
20本:¥86.4
30本:¥72
メロディアン <購入サイクル>
毎月or隔月で指定可能
<単位>
40本
<価格>
¥8,230
<1本あたり>
¥205.7
<100mlあたり>
¥68.5
サラスバ <購入サイクル>
毎月
<単位>
10~60本
(10本単位)
<価格>
¥3,500~¥16,000
<1本あたり>
¥266.7~¥350
<100mlあたり>
¥53.3~¥70
クリスタル水素水 <購入サイクル>
毎月
<単位>
30本
<価格>
¥12,960
<1本あたり>
¥432
<100mlあたり>
¥86.4
水素豊富水 <購入サイクル>
14or28日の間隔で指定可能
<単位>
14本
<価格>
¥3,060
<1本あたり>
¥218.6
<100mlあたり>
¥72.8
イズミオ <購入サイクル>
定期購入なし
<単位>
20本
<価格>
¥11,880
<1本あたり>
¥396
<100mlあたり>
¥198
スパシア <購入サイクル>
定期購入なし
<単位>
10・20・40・60本
<価格>
¥3,980~¥18,500
<1本あたり>
¥308~¥398
<100mlあたり>
¥56~¥72.5
伊藤園水素水 <購入サイクル>
毎月
<単位>
24本
<価格>
¥3,555
<1本あたり>
¥148
<100mlあたり>
¥47.8
薬療研 <購入サイクル>
毎月
<単位>
20本or30本
<価格>
30本:¥10,800
<1本あたり>
30本:¥360
<100mlあたり>
30本:¥65.5
ふじおやまの恵み <購入サイクル>
毎月
<単位>
30本
<価格>
¥7,875
<1本あたり>
¥218.8
<100mlあたり>
¥109.4

オススメ水素水の一覧はこちら

低価格の水素水で得られる効果と注意点

同じ水素水を飲むのなら少しでも安い方がいい、誰もがそう思うはず。安い、それだけではなく低価格の水素水を選ぶことで様々なメリット・効果があるのです。ただ、逆に低価格の水素水を選ぶ際の注意点もあるのでチェックしておきましょう。

得られる効果・メリット

・たっぷり飲める
水素水を飲んでいる方の口コミを見ると「もったいないから1日1本に決めている」、「もっと飲めるけどコストがかかるから我慢している」というコメントが多数あります。水素水はたくさん飲んでも問題ありませんので、できるだけ1日の量が多い方が効果は出やすいです。低価格の水素水なら量を気にすることなくたっぷり飲めるのです。
・長期間続けやすい
水素水を飲んでいる方、お試しで飲んだ方の口コミでは「飲みやすいけど高くてリピートはない」とか「次回の購入をためらってしまう」とか「高くて続けられなかった」というコメントが多いのです。低価格なら家計への負担も小さいので、長期間続けやすいのです。
・他人に薦めやすい
本当にいいものなら自分だけでなく家族や知人にも薦めたいものです。ただ不景気の昨今、生活が厳しいという方もたくさんいます。そんな方に高価な水素水を薦めても「高くて私は続けられない」と言われてしまう事も。低価格なら普段飲んでいるミネラルウォーターとそれほど変わらない価格の水素水もあるので薦めやすいでしょう。

水素水のメリットはこちら

低価格水素水購入の際の注意点

・水素含有量や賞味期限、容器などもチェックしよう
いくら安くて続けやすい水素水だからといっても、肝心の水素が十分に入っていないのであれば、それはただのミネラルウォーターと変わりません。低価格の水素水はあまり水素が入っていないものもありますので水素含有量をチェックしましょう。また水素は抜けやすいので容器の形状や水素が十分に残っている期間も確認することが大切です。
・美味しさもチェック
長くて続けやすい低価格の水素水でも、美味しくなければたっぷり飲むことも長期間飲み続けることもできません。そのため、まずは定期購入や大量に購入してコストダウンを図る前にお試し価格で味をチェックしてみましょう。

低価格でおすすめの水素水!

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る