水の種類はこんなにある!

水の種類にはどんなものがある?水というと、蛇口から出てくる水道水や井戸水、スーパーやネット通販などで購入できるミネラルウォーターに分けられます。ですが、水道水以外の水といってもその種類は豊富。天然水や不純物を取り除いた水、加工した水など様々です。

しかし、購入できる水であれば安心して飲めるのか?というと、一概に問題ないとは言いきれません。

「カラダにいい」と宣伝していたのに、飲んでみたら何の効果もなかった、きれいな水だからと思って赤ちゃんのミルクに使用したら、下痢を引き起こしたというケースも多々あります。

ここでは、日本国内だけでなく海外も含めた水の種類の特徴と効果を一覧にまとめてみました。自分にとってはどの水がいいのか考えてみましょう。

水の種類一覧

【ミネラルウォーター類の表示区分】

ナチュラルウォーター
特定の水源より採水された地下水を原水とし濾過・沈澱・加熱殺菌のみで処理された水。ミネラルは少ない。
ナチュラルミネラルウォーター
特定の水源より採水された地下水のうち、地下で滞留・移動している間に地層中のミネラルが溶解した水。濾過・沈澱・加熱殺菌のみで処理され、もっとも天然水に近い。採水地にもよるがミネラルは豊富。
ミネラルウォーター
特定の水源より採水された地下水のうち、地下で滞留・移動している間に地層中のミネラルが溶解した水。濾過・沈澱・加熱殺菌の他、オゾン殺菌、紫外線殺菌、ミネラル分調整、複数の原水をブレンド、ばっ気(水に空気を送り込んで溶け込ませる)など施されたもの。
ボトルドウォーター
上記以外の水

【水の性質による区分】

アルカリイオン水 飲用アルカリ性電解水で、ph9~10。ph11以上になると強電解アルカリ水と呼ぶ。
還元水 酸化還元電位がマイナス電位の水。
温泉水 自噴する水温が25度以上の地下水、または温泉法に規定される溶存物質等により特徴づけられる地下水のうち飲用可能な水。
炭酸水 炭酸ガスを含む水。採水地で汲んできた段階で炭酸が含まれているものを天然炭酸水という。海外ではミネラルウォーターというと炭酸水を指す地域もあります。

【硬度による区分】

軟水 硬度mg/L……0~60未満
中硬水 硬度mg/L……60~120未満
硬水 硬度mg/L……60~180未満
超硬水 硬度mg/L……180以上

※ヨーロッパのほとんどの水は硬水、日本は軟水が多い。

オススメの記事

プロアスリート
現役アスリートも愛飲!高濃度シリカ水素水

PR ビガーブライトEX

飲み会
活性酸素を撃退二日酔い対策!気になる水素水12選
プロアスリート
活性酸素を水素水ですぐに還元!スポーツクラブ編

ページの先頭へ戻る